救助工作車を更新*南空知消防組合消防署

2020年3月30日
南空知消防組合消防署(三田文彦消防署長)に30日、新型の救助工作車が導入されました。新車両はクレーンやウインチ、大型照明器具など、人命救助に欠かすことのできない資器材を搭載しています。また、オートマチックトランスミッション(AT)、バックアイモニターを装備し、悪路走破性の高い4輪駆動方式となっております。この日、役場庁舎前で納車・検収を行い、その後、栗山天満宮で納車式が行われました。同消防組合管理者の佐々木学町長は「本車両は、交通事故など人命救助を支える重要な設備です。消防署員の皆さまには、日頃の訓練などを通じて、本車両の機能を十二分に活用いただき、引き続き、町民生活の安全・安心の確保にご尽力願います」とあいさつしました。

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。

     

お問い合わせ

南空知消防組合消防署生活安全課
電話:0123-72-0150