水上農園が栗入りパウンドケーキで受賞*北のハイグレード食品2020

2020年2月21日

水上農園(富士)が作ったパウンドケーキが北のハイグレード食品2020に選定され、2月20日に同農園の水上勝敏さんと水上由美子さんが佐々木学町長に報告に訪れました。北のハイグレード食品は、生産者のこだわりがつまった道産食品の魅力を高めようと、道が選定しているもので、今年で10回目。同農園は栗の渋皮煮や甘露煮のほか、お菓子作りに力を入れていて、今回は原材料に町産の栗を使った「たっぷり栗のパウンドケーキ」でエントリーし、全83品目から選定された13品目に入りました。佐々木町長は「栗を安定的に供給できるように協力したい」と話し、水上勝敏さんは「ハイグレード食品に選ばれたことで注文が増えた。付加価値のついた食品を提供できるよう頑張りたい」と話していました。「たっぷり栗のパウンドケーキ」は、まちの駅「栗夢プラザ」、札幌市の北海道どさんこプラザとマルヤマクラス(フレッシュファクトリー)、北広島市のくるるの杜で販売しています。 

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。