小林酒造が農業部門で表彰*北海道産業貢献賞

2020年2月19日

 

小林酒造株式会社が北海道産業貢献賞を受賞し、2月17日、小林米三郎社長が佐々木学町長へ報告に訪れました。同社は酒米の生産や品質向上に尽力したことから、農業・農村部門で受賞。また、東南アジアやアメリカへの輸出など活動の幅を広げ、国の日本遺産「炭鉄港」に認定されました。佐々木町長は「農業部門で受賞したということに意義がある」と話し、小林社長は「毎年、蔵人全員で田植えや稲刈りを行っている。酒米の出来具合で品質が左右されるので、酒造りは農業だと思っている」と話していました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。