遊んで寒さを吹き飛ばす*児童センター雪中ゲーム大会

2020年2月7日
児童センター主催の雪中ゲーム大会が2月5日、ひまわり公園で行われ、小学生約70人が参加しました。種目は綱引き、旗取り競争、宝探しの3つ。このうち旗取り競争では、子どもたちは頂上に立てられた旗を目がけ、寒い中でも楽しそうに雪山を駆け上っていきました。競技後は児童センター内でけんちん汁が振る舞われ、宝探しで見つけたお菓子と一緒に食べられました。栗山小学校1年2組の近藤羽奏(はな)さんは「旗取り競争が一番楽しかった。最初に旗を取れたので嬉しかった」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。