気合一刀!飛躍を祈願*栗山剣道連盟と少年団が鏡開き

2020年1月12日

栗山剣道連盟と栗山剣道スポーツ少年団の恒例行事となっている「鏡開き」が12日、栗山小学校体育館で行われました。5歳から15歳までの少年団員22人と剣道連盟関係者など延べ約50人が参加。剣道連盟の梶良行会長は「今年は東京オリンピックが開催されます。皆さんにとって素晴らしい一年となりますように」とあいさつ。その後、同連盟の高橋信さんが直径約30センチの大きな鏡もちに気合を込めて刀を振り下ろしました。少年団の剣士たちは稽古に汗を流し、父母により調理されたお雑煮を食べて、健康や飛躍を祈願しました。

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。