栗中生が姉妹都市角田市を応援*台風19号による災害募金活動

2019年10月29日

栗山中学校(太田康彦校長)の生徒が28日、台風19号の被害を受けた姉妹都市宮城県角田市への災害支援募金活動を行いました。同中学校生徒会が中心になり、栗山中学校入口前と北雄ラッキー栗山店の店舗入口前に並び、募金を呼び掛けました。また、栗山町役場にもあいさつに訪れ、中学2年生の上利美晴さんは「生徒会で話し合って、角田市に募金をしようと決めました。姉妹都市角田市の力になれれば」と話しました。募金活動は、以下の日程で行われ、集まったお金は栗山町を通じて宮城県角田市へ送られます。

【期間】10月28日(月)~11月8日(金)

【場所】 栗山中学校前(平日のみ)8:00~8:15

      北雄ラッキー栗山店前(月・木)16:00~17:00 

宮城県角田市の台風19号被害状況〔概要〕10月27日現在

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。