姉妹都市の支援に出発*宮城県角田市へ職員3名を派遣

2019年10月16日

 

台風19号により被災した、姉妹都市の宮城県角田市を支援しようと、本町の職員3人の派遣が決定し、16日、出発式が行われました。3人は1週間滞在し、罹災証明の受け付け・交付などの支援を行います。

なお、町ではこの度の被害を受けて、宮城県角田市のふるさと納税災害支援代理寄付の受け付けを行っています。

 

ふるさと納税災害支援【ふるさとチョイス】

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。