走って笑って健康づくり*第42回栗山町レクリエーションのつどい

2019年10月5日
高齢者の健康づくり推進を目的とした、第42回栗山町レクリエーションのつどい(同実行委員会主催)が、5日、スポーツセンターで開催されました。はじめに吉田輝雄実行委員長から「運動を通して親睦と交流を深めて楽しんでください」とあいさつ。その後、町内の老人クラブから参加した65人が、町スポーツ推進員の指導で「ザ・ゲートゴルフ」「しりとりで仲良く」「サイコロビンゴ」など5つの競技をチームごとで分かれて競い合い、最後に参加者全員の盆踊りで親睦を深めました。レクリエーションに参加した中野万千子(まちこ)さん(82歳)は「体を動かしたり人と話したりするのが好きで20年近く参加している。体が動くうちは毎年参加したい」と笑顔で話していました。

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。