子どもたちが思い描いた「ふるさと栗山」*第3回子ども図画コンクール表彰式

2019年10月4日

 

 

栗山ロータリークラブ(松下早苗会長)が主催する、子どもたちが思い描く栗山町をクレヨンや絵の具を使い作品にした、第3回「ふるさとは栗山です」こども図画コンクールの表彰式が、4日、町図書館で行われました。町内の小中学校から203点の応募があり、低・中・高学年の部と中学生の部に部門を分け、絵画の部、ポスターの部で特選、入選、審査員特別賞を表彰しました。表彰式では松下会長が「のびのびと元気な作品ばかりでみんな一等賞でもいいくらいです」とあいさつしました。審査員の野澤香図書館司書は「オオムラサキの羽の一枚や小林酒造倉庫のレンガがひとつずつ丁寧に描かれていて、みなさんのふるさと栗山がこのように見えているということを作品から感じることができました」と講評しました。作品は10日まで町図書館で展示され、17日から20日まではカルチャープラザ「Eki」に作品展示されます。(受賞者は以下のとおり)

【小学生低学年の部(絵画)】

○特選 藤野海冴陽さん・山内仁杏さん

○入選 広川理子さん・古川奨悟さん・坂本 慎さん・中川青空さん

【小学生中学年の部(ポスター)】

○特選 ブレナン美桜さん

【小学生中学年の部(絵画)】

○特選 藤野紅瑠桃さん・尾形采生さん

○入選 山本美緒さん・奥野那紀さん・沼田夏芽さん

【小学生高学年の部(ポスター)】

○特選 腰本沙來さん・村上颯一さん

○入選 水上晴登さん・柴田旬太さん

【中学生の部(絵画)】

○特選 石岡慶紀さん

○入選 三條愛香さん

【審査員特別賞】

○中川栞那さん・出南拓真さん

 

 

 

 

 

 

     ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。