50チームが熱戦繰り広げる*くりやまサッカーフェスティバル

2019年9月30日

オオムラサキカップ争奪第26回くりやまサッカーフェスティバルが28・29日の2日間行われ、ふじスポーツ広場と町民球場で熱戦が繰り広げられました。U-12サッカーリーダーズネット北海道とオオムラサキカップ実行委員会の主催。小学4年生以下(U-10)の大会では道内最大のチーム数の50チームが、札幌や旭川、釧路など道内各地から参加しました。栗山町からは「くりやまFC」と「サンクFCくりやまU-12」が参加。選手たちは素早いドリブルやフェイントで果敢に攻め込みゴールを狙い、観客からは盛んな拍手と声援が送られていました。決勝では三笠FCに2対0で勝利した新ひだか町の「Arearea FC(アレアレア FC)」が、大会2連覇を果たしました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。