みんなで稲刈りいいね!*稲刈り体験ツアーinくりやま

2019年9月15日

 札幌市白石区の親子などを対象にした稲刈り体験ツアー(そらち南農協青年部主催)が15日、南学田の井澤智明さんの水田で行われました。5月に同ツアーで植えたゆめぴりかの苗が天候に恵まれ順調に成長して収穫の時期を迎えました。開会式で國岡晃平部長が「みなさんが春に植えた苗が立派な稲に育ちました。今日は稲刈りを通じて栗山の自然を満喫していってください」とあいさつしました。稲刈りをはじめる前に、空知農業改良普及センターの水間敦文空知南東部支所長から稲刈りの指導を受け、参加した親子連れ約60人が青年部員とともに稲を刈りました。今回が5回目の参加という八森沙胡(はちもりさこ)さん(11歳)は「前回は、田んぼに足がぬかって長靴が脱げたりしたけど、今回は上手に稲刈りができた。栗山町は空気がきれいで気持ちがいい」と話していました。同ツアーは、この後、町産新米で作ったカレーライスの昼食と餅つき体験が行われました。

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。