東京大学の学生らが栗山町で農業体験合宿

2019年9月4日

 東京大学の農業サークル「むら塾」が、生産現場について理解を深めようと、8月30日から9月3日まで、栗山町内で農業体験合宿を行いました。栗山町農業振興公社が受入し、23人が参加。学生らは町内農家の指導を仰ぎながら、玉ねぎの選別やにんにくの皮むき作業などに汗しました。また、合宿中には地域について学ぼうと、小林家の見学や自然環境学習も実施。参加した東大生は「生産の現場を知るいい機会となった。また栗山を訪れたい」と話していました。

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。