地域のためにパトロール開始*松風中央まちづくり協議会

2019年9月2日

 

地域の防災・防犯のために、松風中央まちづくり協議会が行う自主防災・防犯パトロールの出陣式が、1日に実施されました。出陣式で同会の関吉一郎会長は「地域の防災と防犯のため、役員の皆さんのご協力をお願いします」と話し、栗山警察署の松本生活安全課長は「地震や大雨などの災害に備えるため、普段から防災の意識を持ちましょう」と話していました。今年のパトロールは約20人が参加し、9月1日から5日の午後8時に、メンバーを交代しながら松風町内を巡回します。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。