消費者の安全安心のために*第46回消費者まつり

2019年8月25日
「安全安心なくらしを求めて」をテーマに、第46回消費者まつりが勤労者福祉センターで開かれています。午前中は、先着200名に町産のゆめぴりか300グラムが配られたほか、消防署署員がAEDの使い方の講習会を開きました。また、リメイクされた着物作品の展示会のほか、小物や和服に加え、くりやまコロッケや栗の木パンなど食料品も販売されています。消費者まつりは25日の14時まで行われ、外会場では青ぞらフリーマーケットも実施されています。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。