災害に備え避難所運営ゲームを体験*錦まちづくり協議会

2019年8月24日

  

錦まちづくり協議会(北間則之会長)による防災学習会が21日に行われました。今回の学習会では、北海道での内陸直下型地震による、指定避難所であるカルチャープラザを想定した避難所運営ゲーム(Doはぐ)を実施。参加者は、避難者、イベント、情報提供カードの配置や避難所での対応などについて話し合いながら、避難所を運営する体験をしました。北間会長は「年齢や性別、健常者や障がい者など、さまざまな人が避難する状況で、避難所を運営するのは難しかった。このような機会を今後も作っていきたい」と話していました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。