自然を守るため活動の向上を*第28回北海道ふるさといきものの里フォーラム

2019年7月27日
第28回北海道ふるさといきものの里フォーラム2019栗山大会が27日、雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウスで行われました。道内各地の「環境省いきものの里」指定地がそれぞれの活動報告などを行う場で、今年は栗山町で開催。開会式では、佐々木学町長が「栗山の自然はまちづくりの基本であり、多くの皆さんに支えられている。自然環境と環境教育のために、皆さんの活動の発展を願います」とあいさつしました。開会式後には「川と教育」をテーマに、一般社団法人 流域生態研究所の妹尾優二さんが基調講演を行い「川をはじめとして、地域の環境は水によって作られている。川を人の手で作るのではなく、水の力に任せて作ることが必要だ」と話していました。なお、27日の19時50分からは、町民も参加できるホタル観賞会が行われる予定です。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。