消防の仕事を学んで*いきいきスクール「防災教育」

2019年6月17日
教育委員会主催の、高齢者を対象とした「いきいきスクール」が17日、消防署で行われました。消防署や救急の利用、防災について学ぼうと、約50人が参加。消防署員の業務や心肺蘇生法について説明を受けたほか、昨年の震災における厚真町での救助活動について、署員の講話を聴きました。また、さまざまな種類の消防車を見学したり、消火器を使用した消火訓練や、火災を想定した煙の中を歩いたりといった体験をしました。参加者代表の本田諭さんは「火事や急病は本来なら起こらないほうが良いが、今回学んだことを胸に刻んでいきたい」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。