全校生徒で町内清掃*栗山高校

2019年6月13日
地域貢献の一環として、栗山高校(高橋尚紀校長)が12日、町内の清掃活動を行いました。全校生徒133人が参加し、軍手とごみ袋を持って高校を出発。役場庁舎までの道を学年ごとに分かれ、道路や住宅地、公園に落ちているごみを拾いながら、約1時間かけて清掃しました。3年生で生徒会長の大野美桜(みお)さん(18歳)は「たばこの吸い殻やコンビニの袋を拾いました。少しでもごみを減らせたので良かったです」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。