佐々木学町長が特別講義*介護福祉学校

2019年6月3日

 

町立介護福祉学校(大津外志男校長)で3日、佐々木学町長を臨時講師とした特別講義が行われました。佐々木町長は「栗山町の魅力・ブランドを活かしたまちづくり」と題して、町の概要・魅力やこれからのまちづくり、福祉分野の主な取り組みなどを、これまでの経験を交えながら講演を実施。受講した1年生18人は、90分の講義を熱心に聴き入っていました。また、講義の中で佐々木町長は「町内のさまざまな人や施設との交流を通じて皆さんの貴重な財産にしてほしい。この第2のふるさと栗山町から全国で活躍する人になってください」とメッセージを送りました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。