実りの秋を期待して*継立で果樹園の植樹整備活動

2019年5月28日
継立住民の憩いの場である「つぎたてふれあい広場」に隣接する「果樹の森」で26日、植樹・整備活動が行われました。フルーツパークにすることを目的に継立商工振興会(伊藤三也会長)が主催して今年で13回目。当日は同振興会の会員や栗山商工会議所青年部、栗山青年会議所の部員など約30人が木の手入れや防除などを行いました。伊藤会長は「栗、リンゴ、プルーンなど実の付きが年々良くなってきています。秋の収穫時には地域の皆さんにフルーツ狩りを楽しんでもらう予定です」とあいさつし、佐々木学町長は「丁寧に手入れしていただいたフルーツの木の成長を地域の皆さんも楽しみにしていると思います」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。