花で街並みを明るく*花いっぱい運動

2019年5月26日
今年で43回目となる恒例の花いっぱい運動(町社会福祉協議会や栗山町内連合会などが提唱)が26日に行われました。花と緑に囲まれた、美しい素敵な町並みを目指すことを目的に毎年実施。当日は、早朝から町内各地でマリーゴールド、ペチュニア、ブルーサルビアなどの花苗が公園や街路の花壇、中央分離帯などに丁寧に植えられ、地域の皆さんの手によって花いっぱいの美しい景観ができあがりました。花いっぱい運動に参加していた朝日町内会長の樺澤忠彦さんは「街並みに花があると明るくなる。草取りなどをして管理していきたい」と語ってくれました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。