春のセーフティーロード作戦*交通安全協会

2019年5月21日

 交通事故防止と安全運転の啓発を目的とした「セーフティロード作戦」が17日、桜丘の国道234号沿いで行われました。町交通安全協会(大塚清康会長)主催によるもので、毎年、春の交通安全運動週間に行われています。札幌トラック協会南空知支部や栗山町交通安全ゆりの会、栗山自動車学校、栗山警察署など関係者約50人が参加。「交通安全」と書かれた黄色い旗を振り、交通安全を呼びかけました。また、栗山警察署員の誘導で駐車場に入ったドライバーに「安全運転をお願いします」と手作りのマスコットや啓発グッズなどを手渡すPR活動も行われました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。