角田小学校グラウンドを整備*共立道路株式会社奉仕活動

2019年5月13日

 共立道路株式会社(鵜川昌久代表取締役社長:大井分)が10日、角田小学校のグラウンド整備を行いました。同社は毎年町内施設の整備をボランティアで行っており、今年は同社所有のタイヤショベル1台と日立建機レック株式会社から無償提供されたタイヤローラー2台を使用し、社員12人が奉仕活動を実施。来月運動会を控えたグラウンドのトラック整備や走り幅跳び用の助走路・砂場の除草作業などを約2時間にわたり行いました。角田小学校の伊藤聰校長は「グラウンドの状態が悪いと子どもたちのけがにもつながるので、この活動は本当に感謝しています」とお礼を述べていました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。