目標と自ら学ぶ姿勢を持って*栗山高校入学式

2019年4月10日
栗山高等学校(髙橋尚紀校長)で8日、入学式が行われました。33人の新入生に、高橋校長は「新時代を生きるため、目標を持って将来を思い描き、自ら学ぶ姿勢でいてほしい」とあいさつしました。また、新入生代表の三好美紗稀(みさき)さんは「高校生としての自覚を持って、充実した学生生活を送り、将来の目標に向かって努力します」と宣誓。創立90周年という節目の年の新入生は、高校生らしい自信と期待にあふれていました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。