職人技で切れ味再生*包丁研ぎボランティア

2019年3月8日

高齢者世帯などを対象とした「包丁研ぎ」のボランティア活動が6日、役場営繕室で行われました。町民生委員児童委員協議会(丸山紘司会長)と町技能協会(山﨑信治会長)により毎年行っている奉仕活動で今回が28回目。民生委員が担当地区を回って集めた包丁143本を、技能協会の会員9人が、と石や電動研磨機を使って約2時間半にわたり慣れた手つきで研ぎあげました。作業を終えた山﨑会長は「切れ味が戻った包丁をケガなく安心して使ってもらいたいです」と話していました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。