初詣客でにぎわう*栗山天満宮

2019年1月1日

大晦日の深夜、栗山天満宮には多くの初詣客が詰めかけました。午後11時半を過ぎると、厳しい冷え込みの中、かがり火がともる境内に鳥居まで続く長い列ができました。新年に近づくと北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が太鼓を打ち鳴らし、報道各社が見守る中、カウントダウン。午前零時、さい銭を手にした人たちが続々と新年の願いを込め手を合わせました。その後、受験生を対象とした合格祈願祭を実施。参加した生徒は志望校合格の願いなどを書き込んだ絵馬を奉納しました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。