一足早くクリスマス気分楽しむ*栗山少年少女合唱団

2018年12月18日
今年で15周年を迎えた栗山少年少女合唱団(上中美穂代表)のロビーコンサートが16日、カルチャープラザ「Eki」で開かれ、聴衆を魅了しました。同合唱団に所属する栗山、長沼の小中高生とOGのあわせて15人が、クリスマスの衣装や可愛らしいアクセサリーをつけ「ジングルベル」や「あわてんぼうのサンタクロース」など、クリスマスにちなんだ歌を10曲披露。冬のひととき、透明感のある歌声や力強いハーモニーがロビーに響き渡り、集まった観客約50人はひと足早いクリスマス気分を楽しみました。また、今回は同団OGで札幌大谷大学音楽科4年の永岡涼子さんをゲストに招きマリンバを披露。「星に願いを」など4曲を演奏し、会場からは大きな拍手が送られました。上中代表は「今後も皆さんに子どもたちの歌声を届けていきたい」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。