ポンプ車両を更新*栗山消防団第二分団第二部

2018年11月26日
栗山消防団第二分団第二部に21日、新型の消防車が導入されました。新車両は大幅な軽量化が図られ、総重量5000キログラム未満となり、普通運転免許での運転が可能に。 また、オートマチックミッション(AT)となり、バックアイモニターやドライブレコーダーを装備し、悪路走破性の高い4輪駆動方式となっております。この日、役場庁舎前で納車・検収を行い、その後、栗山天満宮で入魂式が行われました。栗山消防団の鈴木英雄団長は「栗山町民の生命・財産を守るため有効に活用していきたい」などとあいさつしました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。