安全運転呼びかける*イエロー作戦

2018年11月14日

冬の交通安全運動(11日~20日)中の12日、栗山町交通安全協会関係団体と町職員など約50人が、町道中央通りと南大通り沿いで交通安全啓発活動「イエロー作戦」を行いました。開会式で栗山警察署の井上修署長が「この時期は日暮れがとても早くなります。交通死亡事故ゼロを継続できるよう、皆さんのご協力をお願いします」とあいさつ。参加者は「スピードダウン」「シートベルト着用」と書かれた黄色い旗を振り約30分間、道行くドライバーに安全運転を呼びかけました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。