笑いは人間関係の潤滑油*笑いと健康を考える講演会

2018年11月5日
道民笑いの日普及啓発事業(町と北海道主催)として、笑いと健康を考える講演会が4日、総合福祉センター「しゃるる」で開かれました。講師に、日本笑い学会北海道支部長伊藤一輔さんを招き、「笑ってのばそう健康寿命~笑いと健康のステキな関係~」と題し講演。伊藤さんは笑うことで、免疫力がアップし、脳の機能も活性化されること、ストレスも改善されるなどと話され、「笑いは人間関係の潤滑油。ポジティブな感情は健康にいい。まわりがつらい時はあなたの笑顔が何よりの薬。」と呼びかけ、約100人の来場者は熱心に耳を傾けていました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。