泉記念館の修復に*ロータリークラブが町へ寄附

2018年11月2日

 

台風21号と北海道胆振東部地震で損傷を受け休館している町有形文化財の泉記念館(角田)の修復へ役立ててほしいと、栗山ロータリークラブ(北野隆春会長:会員数28人)が31日、町へ20万円を寄附しました。姉妹都市である宮城県角田市のロータリークラブよりお見舞い金を受け取った北野会長から「発祥地である角田地区の文化財を守ってほしいです」と目録を手渡すと、佐々木学町長は「ありがとうございます。大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を述べました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。