目指せ全国!くりやまFC

2018年10月3日

 

9月22日にふじスポーツ広場で行われたJFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会北海道予選第10回道央ブロック予選(8人制)で、サッカー少年団「くりやまFC U-12」がブロックを勝ち抜き、全道大会への出場権を獲得しました。予選では格上のチームに競り勝つなど力を発揮。全道大会は10月6日から苫小牧市で開催され、優勝すれば全国大会への出場が決まります。2日、チームを代表して南條宏教育長へ報告に訪れた周田俊誠さん(としなり:12歳)、小林享矢(きょうや:12歳)さん、尾形芽生さん(めい:12歳)の3人は「全道大会でも、ベストを尽くして優勝し全国大会へ行きたい」と決意を話すと、南條教育長は「ケガには気を付けて、支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに頑張ってきてください」と激励しました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。