バービーと町長が対談*くりやまサポーター育成事業「オープニングセミナー」

2018年7月30日

町が主催するくりやまサポーター育成事業「オープニングセミナー」が7月28日、カルチャープラザ「Eki」で行われました。「ひとが減るとまちはどうなる??」をテーマに実施。町内外から約110人が参加しました。開会で佐々木学町長は「この機会を通して皆さんと一緒に栗山のことを思う時間にしたい」とあいさつ。第1部では町出身でお笑いタレントのバービーさん(フォーリンラブ)と佐々木町長がまちづくりをテーマに町への思いや人口減少対策などを幅広く対談しました。第2部では地域おこし協力隊や町内の若手団体など5組7人がそれぞれ行っている事業や今後の計画などを発表。発表を受けバービーさんからは「町内の若い人が町のことを真剣に考え事業を展開していることを知り、とてもうれしい。これからも町のために頑張ってほしい」とエールが贈られ、参加者はメモをとりながら熱心に耳を傾けていました。最後に参加者全員で記念撮影を行い約1時間半にわたり、町の将来を考える貴重なひとときを過ごしました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。