栗山町空き地空き店舗活用支援事業

2018年5月30日

栗山町空き地空き店舗活用支援事業 ~新規出店者を支援~

 

制度内容 

市街地商店街(栗山・角田・継立)の指定区域内に点在する空き地空き店舗を有効活用し、新規出店者に対し、開業までに係る経費の一部を補助し、にぎわいのある商店街づくりを推進します。

 

対象となる土地・建物

指定区域の空き地および、かつて事業に使用されていた店舗等

 

補助対象者

年260日(通年営業)以上営業できる新規に出店する個人又は法人で、小売業、飲食業、サービス業等を開業しようとする者
但し、次の者は補助対象外

ア 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に定める営業を行う者
イ 空き地空き店舗等所有者の生計同一者若しくは2親等以内の親族又はこれらの者が役員をする法人
ウ 指定区域内で営業している者で、指定区域内の空き地空き店舗等に移転しようとする者
エ 指定区域内で過去に営業し、その後空き地空き店舗等とした者
オ 年間営業日数が、原則年260日以上、かつ、通年営業できる見込みのない者
カ 町税の滞納をしている者
キ 宗教団体が関わる事業を行う者
ク この要綱の規定に基づき補助金の交付を受けたことがある者
ケ 町長が不適当と認める業種の営業を行なっている者又は行う者 

 

補助対象経費

空き地取得に要する経費、空き店舗等の取得・解体・改修、備品購入、駐車場整備など開業までに要した経費
但し、家賃の敷金・礼金・賃料、光熱水費、人件費などは対象外

 

補助率 

補助対象経費の2分の1以内

 

補助金額

1 空き地取得に要する経費     限度額: 50万円

2 空き店舗等解体に要する経費  限度額: 20万円

3 1、2以外に要する経費      限度額:150万円
※但し、3においては補助金交付額のうち2割をくりやまギフトカードで交付

 

事業適用期間 

平成22年4月1日から平成32年3月31日

  

補助対象区域 

別図の指定する区域(下記要綱をご参照下さい)

 

要網 

栗山町空き地空き店舗活用支援事業補助金交付要綱.pdf(86KB)

●空き地空き店舗要綱様式第1号.pdf(63KB)

●空き地空き店舗要綱様式第2号.pdf(31KB)

●空き地空き店舗要綱様式第3号.pdf(64KB)

●空き地空き店舗要綱様式第4号.pdf(30KB)

●空き地空き店舗要綱様式第5号.pdf(31KB)

対象区域図【栗山地区】.pdf(2MB)

対象区域図【角田地区】.pdf(1MB)

対象区域図【継立地区】.pdf(1MB)

 


※栗山商工会議所(電話0123-72-1278)でもご相談に応じています。