出場全4チームが全道へ*子どもかるた大会

2018年2月8日

 

1月27日に歌志内市で行われた「北海道子どもかるた大会空知地区予選会」で本町から出場した4チームが全て勝ち上がり、そろって全道大会出場の快挙を成し遂げました。同大会では上位3チームまでに全道大会の出場権を与えられますが、小学生の部では栗山Aが優勝し、角田月組が準優勝。中学生の部では栗山Aが優勝し、角田花組が3位を獲得したことで、同大会に本町から参加した全4チームが18日に札幌市の定山渓ビューホテルで開催される全道大会への出場を決めました。選手19人は7日、南條宏教育長を訪れ空知大会の激戦の様子を報告。全道大会の抱負もあわせて述べました。チーム最年長の岡山真子さん(15歳:栗山中3年)は「中学生最後の大会なので、応援してくれた方への感謝の気持ちを忘れずに優勝を目指しチーム一丸で頑張ります」と力強く抱負を話していました。

 

※北海道子どもかるた大会のページは以下のページからご覧いただけます。

第21回北海道子どもかるた大会(北海道子ども会育成連合会のページ)

 

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。