「北方領土返還特別要求運動」強調月間について

2018年8月1日

 

「北方領土返還特別要求運動」強調月間について

  

 

栗山町役場旧庁舎1階ロビーに署名コーナーを設置しています。

  

 

歯舞(はぼまい)群島・(しこたん)島・国後(くなしり)島・択捉(えとろふ)島の一日も早い返還実現を!

  

戦後、未解決であった領土問題の内、奄美群島、小笠原諸島、そして沖縄が祖国に復帰しましたが、北方領土すなわち歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島の北方四島は、祖国復帰が未だ実現していません。

  

終戦当時、北方四島には17,291人の島民が住んでいましたが、領土問題が未解決のため、生まれ故郷に帰ることもできせん。

  

北方領土は、私たちの祖先が心血を注いで開拓した日本固有の領土です。

 

  領土問題の解決には、何と言っても全国民挙げての力強い世論の支持が必要であり、その世論の盛り上がりの中で、外交交渉を推進することが最善の途だと信じています。

  

収集された署名簿は、署名の趣旨が達成されるよう、国会法に基づき、衆議院及び参議院に請願提出するとともに、政府に対して強く訴えていきます。

  

署名を通じて、国民一人ひとりの意志を北方領土返還実現に反映させましょう。

 

 【実施期間】 

平成30年8月1日(水)~8月31日(金) 

  

お問い合わせ

 

総務課総務グループ
0123-72-1111