栗山町の応援大使が決定*北海道179市町村応援大使2018

2017年11月28日

北海道日本ハムファイターズの「北海道179市町村応援大使2018」対象市町村に栗山町が選ばれ、宮西尚生選手と淺間大基選手が応援大使に決定しました。この事業はファイターズの選手が北海道誕生10年目の平成25年から市町村のまちづくり・まちおこしに寄与できるよう毎年、道内の18市町村の応援大使を務めるもので、任期は1年間。抽選会は札幌ドームで26日、「ファイターズファンフェスティバル2017」の中で行われました。抽選方法は18市町村の野球少年・少女が姿の見えないカーテンから差し出された選手の手を選んで行うもの。本町からは継立ロビンスの稲垣星輝(せら)くんが登壇し、見事宮西選手・淺間選手を引き当てました。お二人の選手には、来年1年間、栗山町の地域活性化のご協力をいただきます。詳しくは以下のページをご覧ください。

 

北海道179市町村応援大使2018対象市町村

北海道179市町村応援大使とは

 

 

 

             ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。