札幌市民と米づくり*田植え体験ツアー

2017年5月15日
JAそらち南青年部(栗山支部)主催の田植え体験ツアーが13日、継立の國岡晃平宅水田で行われました。このツアーは札幌市白石区の親子などを対象とし、田植え体験を通して農業を理解してもらい、食育や米に対する関心を高めることを目的としています。記念すべき30回目となった今回は親子連れ約60人が参加。10アールの水田にゆめぴりかの苗を農協青年部員の指導を受けながら、ひと苗ずつ丁寧に植えていきました。白石区から参加した日廻(ひまわり)文花さん(12歳)は「田植えは難しかったけど楽しかった。来年もまたやってみたい」と話していました。秋には稲刈りツアーも計画されています。