配達先の見守りを*道新大竹販売所と協定締結

2017年2月16日
  栗山町と有限会社北海道新聞大竹販売所が14日、「栗山町地域見守り活動に関する協定」を締結しました。この協定には、高齢者の住宅などで異変を察知した場合、町や地域包括センターへ、緊急の場合は警察署へ連絡を行い、孤独死を防ぐことなどが盛り込まれています。役場会議室で行われた締結式で、椿原紀昭町長が「これからますます高齢社会が進む中で、地域住民が住み慣れた地域で、安心して暮らせる体制が整備される協定であり、深く感謝を申し上げます」と述べると、北海道新聞大竹販売所の大竹利法所長は「微力ながら配達先の皆さんの見守りをさせていただきます」と決意を語りました。