練習の成果を発揮して!スペシャルオリンピックスフロアホッケー日本選手団激励会

2017年2月13日

 

3月に開催される「2017年スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会・オーストリア」に出場するフロアホッケーの日本選手団を激励しようと12日、雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウスで激励会が行われました。北海道介護福祉学校で行われている大会前の最終合宿に合わせて行われたもので、南條宏教育長は、アスリート16人とコーチ4人に「本町での2度の合宿開催に感謝します。練習の成果を発揮し優秀な成績を収めてください。全町民あげて応援します」と激励。その後、合宿のボランティアをした介護福祉学校生の寄せ書きなどが手渡されました。キャプテンの横山達也さん(30歳)と副キャプテンの野口泰弘さん(39歳)は「20人の力を合わせて全力で頑張ります」と決意を新たにしていました。フロアホッケーの日本選手団は、13日まで合宿を行い、来月18日から始まるSO冬季世界大会に臨みます。