自治基本条例案等の公表(町議会12月定例会提案)

2012年12月21日

  町では、12月18日開会の平成24年第9回町議会定例会に、「栗山町自治基本条例」の条例案を提案しました。併せて、自治基本条例の関連条例となる「栗山町総合計画の策定と運用に関する条例」についても同時提案しましたので公表します。
   今後、町議会「自治基本条例等審査特別委員会」において、さらなる町民参加を含めた審議等が行われます。

 

■条例案の公表
栗山町自治基本条例案【解説書】(332KBytes)
栗山町総合計画の策定と運用に関する条例案【解説書】(131KBytes)

 

■「総合計画の策定と運用に関する条例」とは?
  今回、提案した自治基本条例案においては、第10章において、「町政の目指す方向を明らかにし、総合的かつ計画的な町政を運営するため、最上位の計画として総合計画を策定する」こととしており、その策定作業は、町民参加により行うことを定めています。
  町では、平成25年度から次期の第6次総合計画(H27~H34)の策定を始める予定であり、自治基本条例の趣旨に基づき、町民参加による策定の手順や、計画の実現に向けた運用ルールなどを定める条例を同時に提案するものです。

 


■参考資料
栗山町議会基本条例(223KBytes)

※PDFファイルを閲覧するには Adobe Reader が必要です。

お問い合わせ

地域政策グループ
電話:0123-73-7502