火災が発生したとき

2012年6月18日

通報時の注意点

・電話で正しく119番通報する
・「火事です」とはっきり伝える
・住所は正しく、詳しく伝える(目印になる、建物や公園などを伝える)
・火災の状況を正確にわかりやすく伝える
・通報者の氏名・連絡先を伝える「私の名前は〇〇〇〇です。電話番号は〇〇-〇〇〇〇です」

 

携帯電話による通報

 平成17年 9月8日より、携帯電話からの119番通報が直接栗山の消防署に入るようになりました。
これまでは、栗山町に掛けても岩見沢市や江別市の消防署に繋がり、なかなか場所が特定されにくく、出動が遅れることがありました。
 これからは、栗山、由仁、長沼、南幌の4町からの携帯電話による通報は、栗山の消防に繋がり、各消防署に転送でき、速やかに出動できます。通報時は、慌てず、正確な場所(町名、住所など)、目標物、詳しい状況などを教えて下さい。

*通報場所、或いは他市町村との隣接地域については他の消防に繋がる場合があります。
なお、通報者の携帯番号がナンバーディスプレイでわかりますので、消防車両が出動後、詳細な情報をお聞きすることがあります。

 


消防車が到着するまで

・可能であれば消火器で初期消火を行う
・ハンカチやタオルなどを口と鼻にあて、煙を吸わないように素早く避難する
・消防車の現場への誘導


火災から命を守るポイント

・寝たばこをしない、させない
・お年寄りや子ども、病人だけを残して外出しない
・方向の異なる2つ以上の逃げ道を決めておく
・寝具などはできるだけ防災製品を使う
・寝る前には必ず火の元を確かめる
・火災を出したり、発見したら大声でまわりの人に協力を求める
・服装や持ち物にこだわらず、できるだけ早く避難する
・煙の中を避難する場合は、できるだけ姿勢を低くする
・いったん逃げ出したら、再び中に戻らない
・逃げ遅れた人がいるときは、消防隊にすぐ知らせる

※寝室に住宅用火災警報器を設置すればより安心です。

お問い合わせ

南空知消防組合消防署生活安全課
電話:72-0150