泣く木

2012年6月6日

泣く木

開拓の犠牲になった囚人や、不幸な境遇を苦に自殺した女性の霊がニレの老木に乗り移ったと伝えられ、切り倒そうとのこぎりを当てると「キューヒー」と木が泣き事故が続出。

霊木として祀られていましたが、1970年に切り倒され、切った本人もまた亡くなったと言われています。

現在、切り株には「泣く木二世」を移植し霊を慰めています。

泣く木

 

 

所在地

桜丘3丁目
JR栗山駅より車で約10分

※駐車場はありません。

 

問い合わせ

ブランド推進グループ 電話0123-73-7516

お問い合わせ

ブランド推進課
電話:73-7516