サラリーマンの妻になったとき

2012年4月12日

サラリーマンの妻になった場合

 

厚生年金や共済組合に加入している夫に扶養されることになった妻は第3号被保険者になりますが、夫の勤務先や共済組合が岩見沢年金事務所に届け出をします。また、妻の国民年金保険料は、夫の加入する年金制度が負担しますので、夫の給料から天引きされることはありません。

なお、妻が夫の扶養から外れた場合は、第1号被保険者になりますので住民生活課住民・国保グループで届け出をしてください。また、夫が妻に扶養されている場合は、夫が第3号被保険者になります。

お問い合わせ

住民・国保グループ
電話:73-7508